未経験の人

Web制作関連企業が求人する場合、経験者に集中することが多いのですが、経験豊富な人にありがちな、マンネリというのもこの業界では恐れられています。

 

そのため、あえてWEBデザイナーとしては未経験の人を雇用することがあります。まったくパソコンにさわったことがないというような人は別として、ある程度Webデザインの知識はあるけど、仕事はしたことがないというような人を一から教えてゆくという方法です。

 

やる気があって、デザイナーとしてのセンスがあれば採用のチャンスがあります。
運よく採用されたなら、どんどん勉強をしてスキルアップを目指しましょう。

 

また、新しく起業したWeb制作会社などはなかなか人材が集まらないことから、未経験者や若くて経験の浅い人を採用することがあります。
これからみんなで作って行くという、活気のある小さな会社も働き甲斐があるかもしれません。

どんな職業にも向き不向きがありますが、WEBデザイナーにも適性というものがあるように思います。

 

 

まず一番にあげられるのが、コンピュータが好きであること。インターネットやテクノロジーなどコンピュータに関連することが好きだということが基本的な適性です。

 

移り変わりの速い業界ですから、常に勉強していなければなりません。コンピュータが好きであれば、知識の吸収も速く、その勉強も苦にならないでしょうからこの業界に向いていると言えるでしょう。

 

そしてWEBデザイナーは細かいことが好きな人が多いようです。工作などの細かい手仕事をコツコツ長時間できる人にも向いていそうです。
画像を扱うときの最小単位、ピクセルの中のたった1ピクセルがデザインの良し悪しを左右してしまいます。良いWEBデザイナーには、細かい部分にも徹底して妥協しないタイプが多いようです。

 

また常に新しいものや技術が現れては消えてゆく業界です。新しいものが好きで積極的に取り入れることができなければなりません。新し情報が入りやすいようアンテナは高く立てておく必要があります。

 

そして大切な適性として、コミュニケーション能力です。
WEBデザイナーはクライアントの要望を形にする仕事です。クライアントがWebに精通した人ばかりとは限りません。クライアントの言わんとしていることを感知して相手に確認して実行に移すという作業はコミュニケーション能力がなければ難しいともいえます。